カテゴリ:はじめまして!( 2 )

お店のマークとシェフの登場

c0020129_20263410.jpg
★このワインを飲んでいる天使達の絵柄は、僕らのお店のマーク、フランスからの直輸入です。
★うちのボス「taddo=タッド」は、パリのアンバリッドにあった「Chez les Anges」で、1972〜79年の7年間、シェフをしていました。もともと、このマークはそのお店のマークだったのです。しかし、taddoが日本に帰国して1980年・西千葉でレストランを始める時に、パリのお店のパトロンから「Oui !! Taddo !!」と喜んで認めてもらって、僕らのお店のマークとなりました。

c0020129_20541465.jpg★パリのChez les Anges は、フランスでも有数のパトロンであるムッシュ・ムナシエの経営する、ブルゴーニュ料理で有名なお店でした(1952年創業)。フランスの政・財界や文化人のお客さんがたくさん来ていたお店です。ミシュランの星を返上したという逸話や、「料理長殿、ご用心」という映画のロケにもお店が使われたということですが、残念ながら、しばらく前に無くなってしまったようです。パリのChez les Anges はもうない…だけど、マークだけではなくて、そのお店の味もスピリッツも、この日本・西千葉に今も存在しています。

★さて、いよいよ僕らのボス「taddo=タッド」の登場です。やんちゃ盛りに、大阪・堺の教会の外国人宣教師さん宅でご馳走してもらったスープ、まさに異国の味でした。こうして少年は、外国の味の洗礼を受けました。
★東京オリンピックで、一気に外国の風が吹き込んだ頃には、ちょうど夢多き青年時代。僕のイメージは洋食ではない、こうなると、もはや本場しかない、居ても立ってもいられない。1965年に、フランスにたどり着き、前半7年は修行と小さなお店でシェフをしていましたが、後半7年はパリの「Chez les Anges」の人気シェフとして腕をふるい、フランス人の舌をうならせてきました。taddoのフランス語は、大阪弁だったそうですが…。
[PR]
by cuisine-cla | 2005-01-21 16:20 | はじめまして!

「はじめまして!...厨房から」

★ようこそ、Chez les Anges=シェ・レザンジュのblogに!!、お越しいただいて、本当にありがとうございます。
★このblogは、シェ・レザンジュの厨房のスタッフである僕らが、僕らなりのスタイルで、僕らのお店=西千葉レストランのことを綴ってみよう...ということで始めました。昨年の暮れから、少しずつ準備を始め、やっとご覧いただけるようになりましたので、「ごあいさつ」させていただくことにします。
★では、最初に僕らの自己紹介から...照れますが...。普段はお客様の前に姿を現さない僕ら...正面を向いてのご挨拶は、もう少し慣れてからってことでおゆるし下さい。
c0020129_233764.jpg

★まず左が「agassie=アガシィ」です。ストーブの前で、ソーシエ…焼く料理・ソース担当のシェフをつとめています。★そして、腕組みしてるのが「cozzie=コーズィ」です。ガルド・マンジェ…冷製料理などと、デザート担当のシェフをつとめています。★その奥にいるのは、アプランティ…二人のシェフのサポーターの「suillossie=スィロッスィ」です。★僕らの共通点は、そうだなぁ・・全員、肩に羽が生えているってことかなぁ??、エッ、見えませんか??。
★何はともあれ、「よろしくお願いします。」

★blogを始める…僕らは、日頃フライパンやナイフ相手の仕事をしていますから、正直なところwebは遠くて難しい・苦手なジャンルです。!!スフレを作るより難しい!!。でも、僕らの店や料理には誇りを持っています。そして、一人でも多くのみなさんに「Chez les Anges」の料理を見ていただきたい、という思いもあります。慣れないweb新米なので、まだこれからどうしていくのか、何ができるのかわかりませんが、仕事の合間に、ボチボチとこのblogで、料理の写真を見ていただいたり、お話しなどをしていこうと、ちょっと楽しみにしています。そうそう…Chez les Anges…って「天使達の家」と言う意味です。
★どうぞ、よろしく。お腹が空いたら、時々、遊びにいらしてください。
あ...お店のほうにも...ぜひ!
★では、次の記事から...料理の数々を、たっぷりごらん下さい!。
 ( 厨房スタッフ一同より・2005年1月)
[PR]
by cuisine-cla | 2005-01-11 22:00 | はじめまして!